PROFILE
CATEGORIES
S.NAKABA-Web Shop
border="0"
        
お知らせ。
ジュエリー作家中場信次はセリーヌ・ジャ パンを統括する
「LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社」を
著作権侵害で2015年6月9日、東京地方裁判所に提訴しま
した。

請求の趣旨
「差止・損害賠償・商品の廃棄そして謝罪広告を求める。」


Announcement

Shinji Nakaba sued LVMH Fashion Group Japan K.K. , which 
manages Celine Japan, to Tokyo district court for copyright
infringement on June 9, 2015.

Statement of the claim
「Injunction claims, Compensatory damages claims, Abandonment
 of merchandise, Confidence recovery claims (Publish an apology)」

中場信次 2013年3月発表の「CUT BODY RING」




セリーヌ 2014年9月発表の「BODY-BUST-NECKLACE」
写真の出典元 https://www.celine.com/jp/collections/summer /ready-to-wear                                                                                                                           2015年3月15日




セリーヌ の「BODY-BUST-NECKLACE」
写真の出典元 http://www.ebay.com/itm/CELINE-BODY-BUST- NECKLACE-BELT-IN-WHITE-LIMOGES-PORCELAIN-NIB-/141614956065                                                 2015年4月26日




[提訴に至る経緯]

2015年3月4日、パリに出張中の友人より「セリーヌのこんな物を
見つけてしまいました。」というeメールを受け取り、調査した結果、
私の2013年の作品「カットボディー・リング」のデザインを盗用し
たセリーヌ『ボディーバスト・ネックレス』が販売されている事がわ
かりました。

3月18日に「販売、宣伝の停止及び商品の回収と廃棄そして説明を求
める」という警告書を内容証明郵便で発送。

その後、3月30日にルイ・ヴィトンジャパン株式会社 知的財産部の
担当者から

「セリーヌ社のジュエリーは同社アーティステックディレクターであ
るフィービ ファイロのデザインによって生みだされております。
また人間の体の一部をベースとするデザインはジュエリーにはよく見
られるもので、一般的なものであると申し上げることができます。」

「ですので、ご指摘いただきました貴殿の作品とセリーヌの製品に類似
点があるとしましても、それは偶然によるものであります。」
との回答。

その後セリーヌ側弁護士とeメールによる10数回の話し合いをし、更
に4月8日に最初の面談、4月30日にはセリーヌ・ジャパンの代表者と
双方の弁護 士同席のもと話し合いを持ちました。

直営店の店頭からは撤去され、セリーヌ社のウェッブページから
ボディーバスト・ネックレスの画像も削除された様です が、セリーヌ
は,「たんなる偶然」をかたくなに主張するのみで謝罪等は一切なく
セレクトショップ等での販売は続いていたようです。
非常に残念に思い ましたが、話し合いでの解決はあきらめ、6月9日
東京地方裁判所に,著作権侵害差止等請求で 提訴するに至りました。

お問い合わせ先shinjinakaba@gmail.com



Details

I received an email from an acquaintance on March 4th, 2015 stating,
 "I‘m in Paris now, but I  found this of Celine" 
On looking into the matter, I found that the "BODY-BUST-Necklace", 
which stole from the design of my "CUT BODY RING" , was being sold.

 On March 18th, I sent a letter of warning via content-certified mail
demanding "the suspension of sale and advertisement as well as the
 retrieval and disposal of the products, in addition to an explanation.

I subsequently received a response on March 30th from the Director
 of the Intellectual Property Department at Louis Vuitton Japan Co.


stating "Celine Co.'s jewelry is produced based on the designs of the
company's Artistic director  Phoebe Philo, 

We can also say that such a design is common, as designs based on 
parts of the human body are observed frequently in jewelry. 

Accordingly, while there may be some similarities between the
indicated work of yours and Celine Co.'s product, such similarities stem
 from coincidence."

 Following this response, I have discussed the matter with Celine's
 legal representative through email a dozen or more times, had our
first face-to-face meeting on April 8th, and engaged in discussions
with the CEO of Celine Japan with both parties' lawyers present on
April 30th. celine has claimed only that "it is simply a coincidence"
 and has not given any apology whatsoever, which has led me to stop
pursuing a resolution through mutual talks and file suit.




















" L I F E S A V E R " Bangle
 





LIFE SAVER『救命具』いざと言う時に頼りになるバングル、又は
18金41,3グラムで身の危険を回避する為のバングル、かなりな確率で
難関を乗り越えられるのではないでしょうか?こんな時代何が起こるか分
かりません,身に付けていれば非常時にはきっと役に立つでしょう...

お客様から『全部溶かしてバングルにして』と言われ預かったのは使わな
くなった指輪や片方のイアリングやネックレス等の数々、正に女性の半生
(色々な出来事や思い出)を溶かして作ったジュエリー、もう1つの意味
でもLIFE SAVER(人生を保全する)。
完成迄3年もかかった本当にヘビーなバングルです。

追伸
全部溶かしたら50g以上有りました、念の為。





























Exhibition
 

Not Too Precious

11 July – 20 September 2015

Jewellery by 25 international makers.

Attai Chen, Carina Chitsaz-Shoshtary, Eunmi Chun, Warwick Freeman, Emmeline Hastings, Christel van der Laan, Felieke van der Leest, Sari Liimatta, Märta Mattsson, Jasmin Matzakow, Kazumi Nagano, Shinji Nakaba, Lina Peterson, Zoe Robertson, Michihiro Sato, Mariko Sumioka, Emiko Suo, Tore Svensson, Janna Syvänoja, Mirei Takeuchi, Timothy Information Limited, Terhi Tolvanen, Catherine Truman, Flóra Vági, Heather Woof.

Not Too Precious explores inspirational work by 25 international jewellers using materials for their expressive potential rather than for their intrinsic value. Radical artist jewellers of the late 1960s and 70s vigorously rejected the idea that jewellery should be considered ‘precious’ simply because of the materials of which it was made. Today, the use of a huge variety of materials in jewellery is far more accepted, but economic pressures are putting that freedom of artistic expression at potential risk as people revert to traditionally ‘valuable’ materials for ‘safety’. Not Too Precious challenges preconceptions about ‘non-precious’ materials by encouraging us to consider ‘accrued value': what talented makers bring to their work through their ideas and skill.

The selected artists, who currently work in the UK, Europe, Japan, Australia and New Zealand, create innovative, skilfully-made jewellery that is insightful and culturally resonant. Sometimes poignant, sometimes witty, their work communicates at many levels. It is above all honest and – for want of a better term – not too precious.

Ruthin Craft Centre,
Park Road, Ruthin
Denbighshire, LL15 1BB
Tel: +44 (0)1824 704774
Email: thegallery@rccentre.org.uk

Exhibition『Not too precious』

7/11~9/20までイギリス・ウェールズのRuthin Craft Centreで行われる展覧会

「Not too precious」に作品を五点程出品しています、ヨーロッパにお住まい

の方には是非見に行ってほしいですね。

Not too preciousということで今回制作した「cut body ring」にはBrass

(真鍮)を使用しましたが、重さを気にせず作れたのでとても力強くて

より彫刻的な作品に仕上がり、Brass(真鍮)に目覚めそうな予感...とい

うよりもジュエリーを作り始めた頃に銀が勿体なくて良く真鍮を鋳造し

リングを作っていた事を思い出してとても新鮮な気分になりました。







CRAFETISM
 






































































 この作品は7月31日迄ケンブリッジのモビリアギャラリ―でご覧頂けます。
 Exhibit at  Mobilia Gallry - until July 31 2015











紫陽花
plastic bottle ,24k gold , epoxy ,steel ,  2008











 

white & Black
steel mesh , steel , epoxy ,    2015



















steel mesh , steel , epoxy , black pearl , aluminum ,   2015














 
Tomb stone Ring
Carved pearl, steel,     Carved seashell , silver925 ,  2015





















墓石指輪、なにか不吉な響き.....
でも好きなんです、何故だか分からないのですけれど、
自分の墓石(カメオですが)を彫るのはとても楽しい。
気分がすっきりするんです、そう たしか 聞いたような
生前墓と言って自分でお墓を作っておくと長寿、円満,子孫繁栄
を招くとか...あまり縁起とかって気にしないのですが、
でもメメント.モリにも通じますよね。

私の墓石(指輪ですけど)を人が買ってくれた時って特別良い
気分になるのですがこれはどう解釈すべきか。


この作品は7月31日迄ケンブリッジのモビリアギャラリ―でご覧頂けます。
 Exhibit at  Mobilia Gallry - until July 31 2015 










Spring Harvest
 
今日森で採れた山苺、こんなに大きいのは初めて!



最近彫ったパールスカル君達も参加して記念撮影。









Carved Rock Crystal Face Ring 2
Carved Rock Crystal , 18K gold, 2003
水晶彫刻、18金、2003年作

私の一番好きな宝石は水晶です、そもそも宝石彫刻を始めるきっかけになった
のも水晶の魅力を引き出す為には彫刻を施すのが一番良いと思って研究を始め
たのでした。
この作品は2003に制作、ニューヨークのお客様に購入して頂き、2010年に
修理の為に帰って来た時にこの写真を撮りました、鼻の先がちょっと傷ついて
いたのですが上手く修復出来ました。
水晶に具象彫刻を施す事で、見る人を想像の世界に引込み複雑に屈折した光が
内部に籠り神秘性が増し現実を越えた世界を垣間見せてくれるのです。


























no title
carved seashell,     2012









carved pearl , steel , VANITAS RING  2012














| 1/37PAGES | >>